新しい観点のおかげですんなり結論に到達

子供が生まれたタイミングで現在の仕事の社会的意義の部分に引っ掛かりを感じ相談に乗っていただきました。なぜ自分がそこに引っ掛かりを感じていたのかを、複数回にわたって話をしていく中で紐解いていただけた気がします。
結果、現職のままもう少しキャリアを積み上げ、マネジメントする立場としての経験をしたのちに転職を考えるということになりましたが、話をさせていただくごとに、自分だけで考えてきた時とは違い、新しい観点からアドバイスをもらえたためすんなりと結論まで行き着くことができました。
正直、途中からはお金を払ってもよいと思えるくらいでしたが、無償でここまでやっていただけるエージェントの方はなかなか出会えないと感じています。
(現職:金融 経営企画/30代半ば男性)


最短経路のキャリアアップが明確になった

大学を卒業してから証券会社の営業マンとして会社の期待に応えようとがむしゃらに走ってきました。仕事も覚え、順調に成果を出してきたのですが、本当に顧客のためになっているのか、会社の方向性に疑問を持ち始め転職活動を開始しました。
学生時代にはとにかく成長して早く一人立ちをできる環境をと、漠然と厳しそうな業界へ飛び込んだため、自分の将来目標をいまいち整理できていなかったのですが、SOOLのコンサルタントの方との面談の中で、自分の強みである対人折衝力が活かせ、課題である周囲を巻き込んでいく力を身に着けられる環境で、事業責任者を目指すことが社会に必要とされる人材になれる最短経路だと感じ転職を決意しました。
色々とコンサルタントの方に動いていただいた結果、社会性の高い、地力もつきそうな環境を開拓してもらいました。今は自分がやりがいを本当に感じられる業務に邁進しながら、社内でも評価してもらうことができており、非常に満足しています。
(前職:証券会社 営業職/20代半ば男性)


価値観を整理できて優先順位がクリアに

海外で働きたいという夢をもって新卒で入社をした今の会社ですが、会社全体の中で総合職として採用されたのは実は私が初めてでした。当時はそんな逆境でも自分であれば変えていけると意気込んで入社をしました。
経験を積んできた中で、海外案件に携われるポジションも視野に部署移動の希望を出していましたが、結局会社としては女性を海外に送り出すのはリスクがあるということで異動は叶いそうにも無かったため、そのタイミングで転職活動を開始しました。
大手のエージェントにも行きましたが、いきなり案件を提示され自分がなぜ海外で働きたいと思っているのかも聞いてもらえず不信感を抱いていた時に友人から紹介されSOOLのコンサルタントの方と面談を行いました。
丁寧にこちらの希望条件や、想いを聞いてもらった上、仕事をする上での価値観の整理など自己分析も手伝っていただいた結果、きちんと自分の中でも優先順位の高いことが明確にすることができました。
今は希望を叶えるべく引き続き、転職活動の支援をしてもらっています。
(現職:メーカー 営業 20代後半女性)


視野が広がった

一企業の中でたたき上げとして上位のポジションも獲得してきましたが、親会社の都合もありそれ以上のポジションが望めず、やむを得ず転職活動を始めることになりました。
当初エグゼクティブを対象とした他社のサービスに登録をしていましたが、面談で大した話も聞かれずに案件の情報だけが一方的に流れてくる状況でした。
そんな中、SOOLコンサルタントの方とお会いしました。支援いただく中で開拓いただいた案件の数は正直多くはなかったですが、何よりも話を聞いていただく中で自分の視野が広がり、結局自分がやりたかったことができる環境を切り開いていただけたことに満足をしています。こちらの求める要望も高かったため初めは半信半疑でしたが今では頼んでよかったと感じています。
(前職:外資コンサル マネージャー 30代後半男性)


モチベーションの源泉が定まった

外資系コンサルから事業会社の役員を経験し、前職では営業やマーケティングといったマーケティングといったフロント業務を束ねる立ち位置として業務に打ち込んでいましたが、フロント、ミドル、バックのポジションすべてを網羅した経営ポジションを目指したい自分の意向に沿ったポジションは提供されていない状況でした。
経営陣との事業の進め方にも相違が出てきたため転職活動を始めた中で、SOOLのコンサルタントの方との面談の機会をいただきました。面談を進めていく中で、結局事業全体のすべてを任されることが自分自身のモチベーションにつながっていることがわかり、その機会が提供されるであろう企業を探していただきました。現在、開拓いただいたポジションか、もしくは自分で事業を起こすかの決断をしている最中ですが、モチベーションの源泉が定まったことで、むやみやたらに選択肢を増やす必要性がなかったので非常に効率の良いキャリア選択ができたと感じています。
(前職:メーカー 取締役 30代半ば男性)


隠されていた価値軸を発見

法務のスペシャリストとしての人生を歩んできた中で、現在の職場においても成果を認められ、特殊な案件などはすべて自分が取り仕切るようなポジションを確立してきました。しかしながら自分自身としては新しいことにもチャレンジしていきたい気持ちも生まれてきていたため、目の前の仕事に忙殺されてしまう今の環境がだんだんと自分の希望するものとは離れてきてしまっている実感もあり、違和感を感じていました。
そんな中でSOOLのコンサルタントの方と相談する機会があり、自分が感じていた違和感の中にもう一つ重要なものがあることが発見できました
私自身は、周囲に期待され、自分が仕切れることに充分満足していた気がしていましたが、それと同時に自分と同じ目線で物事を判断できるレベルの人がいないことが、知らぬ間に自分のモチベーションを押し下げている、ということでした。
コンサルタントの方のアドバイスもあり、現在は、高いレベルで物事をジャッジできる経営陣のいる会社で、単一業務だけではなく、複数の違う仕事も任される機会が獲得できそうな企業の選考を進めています。経営陣とのパイプも強いSOOLコンサルタントの方がうまく主導してくれているので、選考も順調に進んでおりもう少しで自分にとって満足感の高い環境が獲得できそうです。
(現職:サービス 法務 30代前半女性)