“コンサルタント転職の成功ポイント”


コンサルタント出身者の転職チャンスが増えています。 コンサルタントは、クライアントの問題を明確にしたうえで解決策を提言し、実行支援を行うことを本業としています。 そのため、若手のコンサルタントであっても、成果物や時間にこだわるプロフェッショナルリズムと自らの頭で考え抜く思考(仮説思考など)が身についている傾向があります。

機会の大きい急成長企業ほどロジスティクスの面で課題を積み残している傾向が強く、インハウスのコンサルティング的な最適化プロジェクトへのニーズは断続的に発生し続けています。 激動の時代、多くの企業でコンサルタントの素養を持つ人材が求められています。




コンサルタントの転職機会が増える一方で、各個人のキャリアパスには課題が多く残されています。 一般的な職種に比べて転職回数も多いため、一つひとつのキャリア選択がより重要になり、その選択をみずから責任をもって設計することが何より重要です。

指摘されれば当然のことですが、特にファーム間の業界内移籍が転職というよりプロジェクトを選択する感覚になってしまっていることもあり、意外に見落とされがちなポイントになっています。

20代から30代前半までの転職は、ポスト・コンサルティングの事例でいえば、事業会社の経営企画部などへの転職が多数を占めています。

若手コンサルタントでもベンチャー企業に役員クラスで引っ張られたり、大企業の役員として迎え入れられたりするケースもあり、その華々しさが注目を集めますが、広い視点で俯瞰するとこのような成功ケースは稀です。

コンサルタントの転職とキャリアパス

30代後半~40歳を想定したときに、コンサルタントを選択し続けているのか、あるいは事業会社を選択するのかによって、30代前半までのキャリアの積み方は劇的に変わってきます

業界内の転職理由としては「現状以上の年収をもらえるか?」や「現状以上のポジションにつけるか?」とシンプルな条件になります。転職エージェントから提示される案件を見比べることは買い物のような選択ですが、本質的な問題が積み残されている可能性があります。

結論として、コンサルタント以外の転職を考えると「新しい経験を求めての転職」を一度は選択することが必須なのです。
コンサルタントは、キャリア観点からの情報収集と自己分析を苦手とする傾向がありますが、避けて通ることはできませんし、粘り強く考え続けることで必ず納得解を得られるものです。


コンサルタントのキャリア問題の原点は、新卒時の就職活動にさかのぼります。コンサルティング業界は、学生時代に「さまざまな企業を見てみたい」「後々つぶしがききそう」という理由で選択した人も多い業界です。

つまり、新卒で入った会社で定年まで働こうとする人がほとんどいないわりに積極的なキャリア選択をしていないことが、コンサルタント業界特有の悩みの種といえます。




学生時代に先のばしした自身のキャリアについて、いつ真剣に考えるのでしょうか?いつ自分がやりたいことが見つかるのでしょうか?

実例から考えると「ネガティブな理由で仕事が続けられなくなった」「子どもが生まれた」「親の介護が必要になった」などの人生の節目となるような急激な変化をきっかけに、真剣に考える機会を初めて持ったというケースが多くあります。「つぶしがきく」と考えて選択したコンサルタント業だったはずなのに、タイミング次第では転職年齢がネックとなり選択肢がむしろ狭まることが現に起こっています。


コンサルティング業界は激務のことが多く、自身のことを振り返る時間を意識的に創り出すことは困難な状況もあります。また、比較的年収が高いので、金銭面の理由から他業界に転職するメリットが考えにくいこともあります。

給料やポジションなど、測りやすい尺度にとどまらず、夢ややりがい、ワークスタイルも含めた多軸な評価のための情報を得ることが、バイアスを克服するポイントになります。

コンサルタントからベンチャーへのキャリアアップ事例

Tさん・29歳・男性・コンサルタント

Tさんは大手コンサルタント企業のシニアコンサルタントでした。コンサルティング実務経験は6年目で、日々手ごたえを感じており、自身のスキルに自信を持っていました。そして、社内はもちろんクライアント企業の経営者や担当者からも評価を得ていました。しかし、コンサルタントという外部者の立場でクライアントに関わることに限界を感じており、そろそろ事業会社のメンバーとして企業に貢献したいと考え始めるようになっていました。

なんとか時間のやりくりをして少しずつ転職活動をしてみたところ比較的早いタイミングで、ある事業会社からオファーが届いたのでした。オファーの内容は、年収が100万円程下がってしまうものの、面接で会った上司となると思われる人とも相性が良かったことと何よりもこれまでのコンサルタントとして経験が活かせる業務であるので、その新たなやりがいを求めて、入社の意向を伝えました。


Tさんは遂にこれまでのコンサルティング経験を総合的に活かすことが出来ると期待に胸を高鳴らせて転職先の事業会社に出社します。

「まずは与えられた仕事をしっかりとやろう!」と意気込んでいたTさんですが、初日から薄々と感じていた違和感に徐々に気がつき始めます。

・・・

これらの不満は、事業会社では当然とされているキャリアの判断材料をコンサルタントが持っていないことから来ています。 情報収集と自己分析の機会を持ち、長期的な視点及び生涯年収設計に沿った、ご自身の尺度を持って臨むことが何より重要なのです。

Maximize Your Potential

SOOLは、中心メンバーとして経営者や人事マネージャー、エグゼクティブ・コーチなど、企業組織のプロフェッショナルが結集していることが特色です。 SOOLが直接社長や経営陣・中心メンバーとコンタクトを取り、「あなたのキャリアに合った案件を作り出す」ことからスタートします。

深澤 祐馬
深澤 祐馬
Yuma Fukasawa

大学時代はバックパッカーとして世界中を旅して回り、たくさんの出会いや価値感に触れる。2000年、(株)リクルートコスモス入社。5年間採用・研修・人事労務を手がける。その後2社のベンチャー企業取締役を経て、2009年、SOOLを設立。 パーソナルコーチング、エグゼクティブサーチ等、「対話形式」による人が持つ「強み」の発掘と、「気付き」の支援は10,000人を超える。「講演」実績多数。

高嵜 悠一
高嵜 悠一
Yuichi Takasaki

2004年(株)リクルートコスモス(現(株)コスモスイニシア)入社。営業・マーケティング業務に従事。 2009年(株)リオ・ホールディングス入社、人事マネージャーとして主に新卒/中途採用・研修・制度設計に携わる。プレーヤー兼責任者として従事した新卒採用ではハイクラス学生を対象に高いクロージング力を発揮。同社史上最高の採用実績を残す。研修業務においてもファシリテーター、トレーナーとして活躍。2014年、株式会社SOOLに参画。



ページトップへ戻る