有事のリーダー、平時のリーダー

リーダーシップ
  • ある日突然、平時が有事に
  • 平時のリーダー必ずしも有事のリーダーならず
  • いま求められるのは有事のリーダー

Depositphotos_16625339_m

ある日突然、平時が有事に

1995年1月17日、午前5時46分、突如として大きな揺れに襲われ、私は目を覚ましました。当時私は兵庫県西宮市に住んでいました。結婚を間近に控え購入しだばかりの20キロは優にある大型のブラウン管テレビが飛んでくるのではないかと、本気で思ったほどの激しい揺れでした。
夜が明け外が明るくなるにつれ、その地震の恐るべき傷痕が明らかになってきました。家の中は運び込んで間もない家具がひっくり返り食器はコナゴナ、水は出ない、電気もガスも使えない、電話で連絡を取ることすらできない、惨憺たる有様でした。外では電車が脱線、幹線道路の高架橋は崩落、木造家屋は軒並み倒壊し、あちこちで火の手と煙があがっていました。空襲をされた街というのはきっとこんなだろう、と思ったことを鮮明に覚えています。

平時のリーダー必ずしも有事のリーダーならず

数日後部分的に電車が動き出し、やっとのことで大阪にあるオフィスに顔をだしましたが、当然会社でも皆仕事どころでなく、被害が甚大であった神戸や西宮方面の社員に対しての援助や支援をどうするか、支店長が中心となり話し合われていました。
しかし目の前の混乱と危機に対して、話し合いはまるで小田原評定(豊臣秀吉の大軍を目の前にして北条家では和睦か徹底抗戦か延々と会議を続け容易に結論を出せず、やがて滅亡に至る)の様相で、何とかしなければ、何かしなければ、と気持ちだけが空回りし、一向に具体的なアクションに結びついていませんでした。その支店長は日頃ビジネスでは優秀で組織もまとめ成果も出しているリーダーであるにも係わらず、そんな有様でした。

ところが、そんな様子を見かねたある社員が、みずから議論をリードし始めたのです。実は彼もまた西宮市で被災した一人で、やっとオフィスに出てきたばかりだったのです。被災地はどんな状態なのか、そこまでの足をどうやって確保するのか、現地では水道などインフラはどうなっているのか、食料は調達できているのか、そもそも現地では何に困っているのか、支援として必要なことを書き出し、整理し始めたのです。その上で各人の役割分担を行い、救助活動、支援活動に移って行ったのです。彼が中心となったことで、一気に活動が活発化し、有効で具体的なものへと変化していきました。
彼は組織上、リーダーではありませんでした。これといった肩書を持っていた訳でありません。しかし、結果としてあの場面、あの環境下で、罹災した社員を支援する目的において、彼は紛れもなくリーダーとなっていたのです。

この経験から私は、平時のリーダーと有事のリーダーは異なる、と言うことに気付きました。言い換えれば、取り巻く環境や置かれている状況により、求められるリーダーは違う、と言うことです。平時のリーダーが有事でも必ずしも力を発揮できるとは限らないのです。平時に有能なリーダーであっても、有事には驚くほど機能しないこともあるのです。考えればあたり前のことですね。有事では十分に考える時間もない中で、しかも限られた情報を基に、次々と重要な判断を求められるのです。平時であればしっかり情報を集めて時間をかけて考え、皆と議論し決断できることが、有事では許されません。

リーダーは、目的や置かれた環境の中で、もっとも力を発揮できる、もっとも成果を出せる人が担わなければならないのです。そこにミスマッチがあれば、そのリーダーに率いられる組織やメンバー皆が不幸になるかも知れません。上記の例で言えば、彼が自らリードしていなければ、そして先の支店長がリードし続けていたなら、いたずらに会議が繰り返されるだけで何ら有効な支援もできず、時間だけが無為に経過して行ったことでしょう。

いま求められるのは有事のリーダー

ビジネス環境に置き換えてみるなら、現在は何ごとにおいてもスピードが加速しています。インターネットが世界中をつなぎ、双方向でのコミュニケーションが可能となり、ビジネスはボーダレスとなり、これまで考えられなかったプレイヤーが異業種から、新興国から積極果敢にゲームに参加してくる。そんな現在においてはすべてにおいて以前とは環境が激変しているのです。現在、日常的に起こっていることが、10年、20年前では有事に匹敵することなのかも知れないのです。見方によってはそれ以上の環境なのかも知れません。そうであれば、その環境を乗り越えて行けるリーダーが必要なのです。そんなリーダーにならないといけないのです。

さあ、どうでしょうか。皆さんの周りにはミスマッチなリーダーがいませんか。そして皆さん自身がミスマッチなリーダーになってしまっていませんか。(女性プロフェッショナルのリーダーシップについてより詳しく知る。)

SOOLでは、経営幹部、役員、取締役、部長を求める企業からの求人情報を、未来を志す求職者様向けにご提供を行っております(キャリア相談無料)気になる方は、まずご一報いただけると適切な情報提供ができるかと思います。

Written By SOOL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る