「挫折経験」は人を成長させるか

人間力
  • よく聞かれる質問「挫折経験」
  • 「挫折経験」などなくても活躍できる
  • 昔は良かった
  • 負けることができる人が活躍する時代<

Depositphotos_46839007_m

よく聞かれる質問「挫折経験」

採用面接でたまに聞かれる質問に「挫折経験を教えてください」というものがある。私が最初に入ったリクルートでも「挫折経験がある人を採れ」と言われていた。挫折経験が人を成長させるのかなと思い、あまり疑問も持たずに言われるがまま、自分も面接で聞いていた。

しかし、実はずっと黙っていたが、自分には特に挫折経験と呼べるようなものは、正直に言うと、ない。

そのため、変な「劣等感」を感じていた。挫折経験がないから、ある人よりも弱いのではないか。今後自分の未来に訪れる「逆境」を乗り越える力を持てていないのではないか。実際、入社当時の会社のスタープレイヤーを見ると、結構大変な修羅場の人生を送っている方がいた。やはりそうなのか、自分には挫折経験が、ない。だからダメかもしれない。

「挫折経験」などなくても活躍できる

だが、20数年社会人人生を送って振り返ってみると、実態は異なっていたように思う。

まず、自分は相変わらず大した挫折経験もなく、普通に暮らしているが、人並みには仕事をして成果を挙げてきたと思う。ブレイクしているとはまだまだ言えないが、起業も経験し今のところ順調に成長している(あくまで今のところ)。

昔採用に関わった人々も、時が経って世の中にどんどん出てきているが、彼らが全員「挫折経験」を持っていたかというと、大半がそうではない(知らないだけかもしれないが、リクルートの採用はかなり深い話を聞くので、大きな事件があったならたいてい知っているはず)。

起業をして上場を果たした人、政治家になって活躍している人、会社の中核で出世街道まっしぐらな人・・・たくさんのいわゆる「成功者」を見てきたが、むしろ、すくすくと育ってきたような人が多い。

別に「挫折経験」など、成功の必須要件ではないのは明白だ。

昔は良かった

おそらく、時代がやや変わったのだと思う。

戦後の高度成長期などは、日本は目指すべき方向は決まっていて、先進国の勝ちパターンを真似して頑張っていればよかった。勝ちパターンがあるのであれば、後は頑張るだけ(それが難しいのだが)。頑張れば報われる程度も今よりももっと高かったことだろう。

そういう環境において、「挫折経験」のある人達が本領を発揮したのかもしれない。

「挫折経験」は人を深く傷つける。劣等感を持つ。弱い存在になる。その弱さを補強するために、頑張って他者の承認を得ようとする。認めてもらおうとする。ある種の営業職などは典型的な適職だろう。商品は決まっている。ターゲットもわかっている。後はどれだけ徹底するか、やりきるか。そんなゲームでは「挫折経験」のある人は、勝ち負けがはっきりとわかる勝負において、絶対に勝とうとして頑張る。もうあの「挫折」は二度と味わいたくない。

負けることができる人が活躍する時代

しかし、現在はどうか。確固たる「勝ちパターン」のある領域はどんどん消失してきている。何をすれば勝てるのか、誰にもわからないし、「1勝9敗」を恐れずに試行錯誤してどんどん進んでいかないといけない。

ところが「挫折経験」のある人は、もしかすると「9敗」している間に潰れてしまうかもしれない。負けが込んでもいちいち落ち込んでいてはダメな今の世なのに、勝てずに、評価されずに、承認されずにいるのでは、エネルギーが持たない。もちろん今でも「勝ちパターン」がある仕事はたくさんある。彼らはそういう仕事を選ぶことで日の目を見るはずだ。

一方で、「挫折経験」のない人は、他者の承認欲求が相対的に弱いように思う。誰かに評価されるから、ではなく、自分が面白いと思うから、大切だと思うから、信じるものに適合しているから、頑張るのだ。市場や顧客に「合わせよう」として真に新しいものは生まれない。

そういう「すくすく」育った人こそ、実はたくさん負けることができるのではないか。自分の信じた道を進んでいくのに、「9敗」してもまだ立ち上がることができる。正解のない世の中で、新しい事業や商品・サービスを開発するような人は、負け続ける力が必要だ。

そんな今の世の中は、ポジティブで、世界に対して基本的な信頼感を持っている(頑張れば報われる、人は信じるに足るものである、等)「すくすく」育った人が活躍しやすいのではないだろうか。「挫折経験」がない彼らを、見逃していてはいけない。

SOOLでは、経営幹部、役員、取締役、部長を求める企業からの求人情報を、未来を志す求職者様向けにご提供(キャリア相談無料)を行っております。

Sowa Toshimitsu
Sowa Toshimitsu
故河合隼雄先生に憧れて臨床心理学を志したが、結局挫折して民間企業へ。 リクルート、ライフネット生命、オープンハウスなどで、一貫して人事や採用の責任者を担当してきた。現在、京都と東京の二重生活を送りながら、人と組織の可能性の最大化を支援するためなら何でもやるコンサルティング会社、人材研究所(詳細はこちら)の代表をつとめている。経営はまだまだ素人なので、手助けしてくださる方、絶賛募集中。好きなアーティストは尾崎豊、岡村靖幸、チャゲアスとちょっとやばい系。 著書に「知名度ゼロでもこの会社で働きたいと思われる社長の採用ルール48」(共著)「できる人事とダメ人事の習慣」「就活後ろ倒しの衝撃」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る