部下の話を心から聞けていますか?

心聴力
  • プロフィール
  • 周囲の声
  • 対話
  • アドバイス
  • 経過
  • ポイント

プロフィール

・B氏
・男性
・40代前半
・中堅メーカーの執行役員。部下は10名超。

周囲の声

B氏の周辺からは、高いチャレンジ精神や実行力を評価する声が聞かれる一方で、部下を中心に「自己中心的である」という声が聞かれました。

「自らチャレンジングな環境を作り出し、実行する能力に長けている」などという声が上司から見られました。決まりきった仕事に満足するのではなく、新しい仕事に果敢に挑戦するチャレンジ精神と実行力があることが見て取れます。

一方で、「好き嫌いが激しい」「他人の価値観を軽視する傾向がある」という声が部下を中心に聞かれました。「部下の弱さやわがままを許容できるかが今後の課題である」という声もあり、部下とのコミュニケーションに課題を抱えていることが垣間見えました。

対話

お会いした時の印象としては、声も大きくハキハキしており、顔には自然な笑みをたたえているなど、明るく近寄りやすいという印象を受けました。一方で、「短気である」「気分にムラがある」といった面も見えてきました。「楽しい」や「頭に来た」といった感情が表に出やすい。とても素直なので根は優しいものの、表現がぶっきらぼうで不器用ゆえ、部下から誤解されがち。一言で言うなら「江戸っ子」気質というところでしょうか。

このような方がリーダーになった際の傾向として、チームを引っ張っていきたいという思いばかりが先行し、部下の考えを置き去りにしてしまうことが起こります。部下にはB氏の価値観ばかりが押し付けられるように映り、「私たちの話を聞いてくれない」「感情で動く気分屋」などという負の評価につながってしまうのです。

アドバイス

B氏には、部下とのコミュニケーション改善を議題にし、単にコミュニケーション量を増やすというのではなく、「聴く」ことに注力してみては?と提案しました。
部下の話を親身になって聞く。自分の考えを押し付けるのではなく、部下の考えに寄り添う――このような聞き方をSOOLでは「心聴力」と呼んでいます。

短気で感情をうまくコントロールできないB氏は、部下に対してぶっきらぼうな言葉を使ってしまうことがありました。部下が何を意図して意見を述べているのか、本当は何に悩んで相談を持ちかけているのかまで深く考える余裕がなかったのです。
「ただ自分の背中を見て、真似していれば良い。余計な口は挟むな」――このように頭ごなしに部下のやり方を否定していては、部下は面従腹背を演じてしまい、B氏から心が離れてしまうのは目に見えています。「それ違うよ」と言いたくなるのをぐっとこらえ、「それってどういうこと?」と部下の考えを深く理解し、共感することに努めてみるのです。部下の話を十分に聞き、納得した上で答えにたどり着くよう促す、そのような姿勢で部下に接してみてはどうかと提案してみました。

経過

B氏が聞くことに注力したことで、部下への共感が深まり、相談もこれまで以上に集まってくるようになったとのこと。もともと愛情深い方だったため、「聴く」ことで愛情がより深く伝わるようになったと言えます。
これまで自分の仕事に追われ、部下の話をろくに聞くことができていなかったと反省したB氏。部下から相談を受けた際、その時に自分が行っていた仕事のことや他の心配事を一切考えず、ただ部下の話を聞くということに集中するようにしたそうです。
そうするだけで、部下を従来とは全く違うように理解することができたといいます。部下からはこれまで話してもらえなかった内面的な悩みなどもうかがうことができるようになるなど、B氏と部下との間に厚い信頼関係ができているようでした。

ポイント

根は優しくても、感情をうまく表現できず、またせっかちゆえ不器用に接してしまい、周囲に誤解されてしまうという人がいます。例えて言うなら、喧嘩っ早いが涙もろい、江戸っ子の頑固親父というところでしょうか。
このような場合は、話し方を改めるのではなく、「聴く」という方に集中することをおすすめします。おしなべて人は自分の話を聞いて欲しいもの。聞く姿勢を身につけるだけでも、コミュニケーションは円滑に進み、信頼関係の構築につながります。

※SOOLでは、未来を志す求職者様向けに役員、取締役、部長を求める企業からの求人情報をご提供(キャリア相談無料)を行っております。

お勧め記事:人への不信感を克服し、信じて任せる成功体験を積もう

yuma
yuma
SOOLファウンダー。異彩人材を次々に惹き付ける独特の声、才能を引き出す不思議な眼力を持ち、人間をこよなく愛する3児のパパ。子供達があこがれを抱くかっこいい大人で溢れる世界を作ることを目指して旅を続ける。同じ志とパワーを持つ伝道師の発掘と育成に命を注ぐ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る