やり切る力

リーダーシップ
  • 「あの坂をのぼれば、海が見える。」
  • 考え抜き、最後までやり抜いたからこそ得られたIrootsの成果
  • 「やり切る」ことを習慣化すること

リーダーシップ、それは「人を巻き込み動かす力」。ここではこのリーダーシップを、さまざまな要素に分解して考えていきます。

中学生の頃教科書で読んだ、杉みき子先生が書かれた『あの坂をのぼれば』という作品があります。私が影響を受けた小説のひとつです。今回はこちらの小説を交えながら、リーダーにとって必須な「やり切る力」についてご説明しましょう。

「あの坂をのぼれば、海が見える。」

『あの坂をのぼれば』は、中学一年の頃、国語の時間に読んだものでした。
簡単にあらすじをご紹介しましょう。幼い頃に「あの坂をのぼれば、海が見える。」と教えられた少年は、朝から歩いて海を見に行こうとします。しかし、歩いても歩いても、いくら峠を越えても目の前には新たな坂が立ちはだかるばかりで、一向に海が見えてきません。
――あの坂をのぼれば、海が見える。
しかし、まだ海は見えなかった。はうようにしてのぼってきたこの坂のゆくても、
やはりいままでとおなじ、はてしない上り下りのくりかえしだったのである。(※)

諦めかけながらも何とか歩き、最後にやっと潮騒を耳にするというところで話は終わります。

白い小さな羽根をてのひらにしっかりとくるんで、ゆっくりと坂をのぼってゆく少年の耳に――あるいは心の奥にか――かすかなしおざいのひびきが聞こえはじめていた。(※)

初めて読んだ時は、うまく行かないことが次々と頭を過り、なにか重苦しさを感じたものです。しかし「あの坂をのぼれば、海が見える。」というフレーズがずっと頭から離れませんでした。「投げ出さずにやり切ればきっといいことがある」そんな希望を感じていたんだと思います。部活で毎日ダッシュや筋トレをしたり、テストで苦手な暗記ものも何度も反復して勉強したり、そして社会人になって10年以上経ったいまでも、辛くてくじけそうな時に「あの坂をのぼれば、海が見える。」のフレーズが頭に浮かぶのです。

考え抜き、最後までやり抜いたからこそ得られた成果

かつてSOOLが新卒Webサービスを企画し、その後売却に至るまでの過程では、数多くの困難に直面しました。古くからある新卒採用分野のビジネスは競合も多く、参入障壁が低い。そんな中、人材ビジネス経験もなく後発で参入した会社にもかかわらず、一定の成果を収めることができたのはなぜだったのか?それは、考え続けるしつこさと足を止めることのない実行力があったからだと思います。「サービスを良くしたい、もっと知ってもらいたい」そんな成功を夢見て毎日のように白熱した議論と実行を重ねました。議論には立場役割は関係ありません。みんなで寝ても覚めてもただひたすら事業成長のことを考え議論と実行を重ねてきました。そして仮説を立てたら実行する。実行すると次の結果とともに課題が生まれる。そしてその課題ひとつひとつを地道につぶしていく。……これを複数の仮説に対して泥臭く実行し続けたこと、そのひとつひとつをやりきったこと。競争激しい市場にありながらも、一定の成果に到達することができたのは、こうした習慣が組織に根付いていたからだと思います。

「やり切る」ことを習慣化すること

正直「これ以上は考えられない・もう道はないかも」と思えるようなことは何度もありました。でもそんな時に、「あの坂をのぼれば、海が見える。」が頭に浮かぶのです。この言葉によって、不撓不屈の精神が沸き、やり切ってこれたのだと思います。
この、「やり切る」経験を積み重ね、習慣化することで、どんな困難な問題に直面しても「自分たちならできる」という自信が生まれます。その結果、やり切れずに迷宮入りすることはほとんどなくなり、高いハードルになるほどにチームの結束力が高まるようになりました。

もちろん状況に応じた方針転換や「勇気ある撤退」が必要な時もありますが、まずは小さなことでも決めた方針に従って「やり切る」こと。「もうこれ以上はない」、そう思えるくらいやり切った先に、わくわくする未来が待っているかもしれません。
リーダーの行動力についてより詳しく知る。

「成功の秘訣は、成功するまで続けること(松下幸之助)」(※※)

※SOOLでは、未来を志す求職者様向けに役員、取締役、部長を求める企業からの求人情報をご提供(キャリア相談無料)を行っております。

参考記事:リーダーの行動力について具体的なケースを学ぶ。

【出典】
※『小さな町の風景』(杉みき子、偕成社)
※※ http://www.president.co.jp/family/backnumber/2012/20120900/24189/24197/

yuma
yuma
SOOLファウンダー。異彩人材を次々に惹き付ける独特の声、才能を引き出す不思議な眼力を持ち、人間をこよなく愛する3児のパパ。子供達があこがれを抱くかっこいい大人で溢れる世界を作ることを目指して旅を続ける。同じ志とパワーを持つ伝道師の発掘と育成に命を注ぐ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る