リーダーの行動力

リーダーシップ
  • リーダーは問題意識を持つ
  • リーダーは実態を調べる
  • リーダーは自分にできることを実行する
  • 思いがなければダメ、しかし思いだけでもダメ

リーダーシップ、それは「人を巻き込み動かす力」。ここではこのリーダーシップを、さまざまな要素に分解して考えていきます。

先日、某上場企業創業経営者とリーダーを目指す学生との座談会に参加させていただきました。そこで経営者の方が口々に言っていたのは、「リーダーの仕事は決めること、そして自ら動くことだ」ということです。
リーダーは世の中をどう見ているのか、そしてどう動いているのか。今回はリーダーの行動力についてご説明しましょう。

リーダーは問題意識を持つ

リーダーシップのある方は、何事も「自分ごと」として捉え、問題意識を持って考えます。世の中のまだ足りていない箇所を見ては、それを何とかして直せないかと考えます。
問題は至るところに転がっていますし、事件は日々発生しています。例えば日本の問題でいっても、少子高齢化に都市への人口集中、長引くデフレと格差社会、膨れ上がる国債、電力不足に近隣各国との外交など、挙げていけばきりがありません。こうした問題をテレビで見た時に、「大変なんだな」と他人事として捉えて終わるのか、「この大変な状況を何とかできないか」と主体的に考えられるのかが、リーダーシップのある・なしを分けているといえます。

リーダーは実態を調べる

問題意識を持ったリーダーは、次に実態を調べようとします。自分が問題意識を持った領域で、本当に困っている人はいるのか、困っている人は何に困っているのか……データや生の声を収集していき、ニーズを引き出します。
言うまでもなく、現代においては膨大なデータをインターネットで閲覧することができます。例えば高齢者問題を解決したいというのであれば、日本には今どれくらいの高齢者がいるのか、高齢者は何で困っているのか、そもそも高齢者とは何歳からを言うのか……さまざまな情報を収集することが可能でしょう。

そしてもう一歩踏み込める方は、人から聞いた情報だけでなく、現場に足を運んで生の声を聞こうとします。バックパッカーの頃の経験をお話ししましょう。これから訪れる国について、ガイドブックを買って事前に基本的な情報を頭に入れてから巡っていた私ですが、行ってみては「ガイドブックと違う」という経験が何度もありました。情報は日々変化しています。事実は自分の足を使って調べるものなんだと体感することが最も重要なのだと思い知ったものです。

リーダーは自分にできることを実行する

問題意識を持ち、実態を調べたリーダーは、この状況下で自分にできることはないかを考え、実行に移します。
実態を調べると、自分が想像していたものと現実とは全く違うということに気がつくでしょう。そして、困っている人たちが何に困っているのかがより具体的に見えてくるでしょう。すると、自分の問題意識、すなわち「何を解決したいか」という意識もまた変容し、よりはっきりしたものになってくるはずです。すると、次に自分が行うべきアクションもまた導かれていきます。困っている課題を解決する事業を起こすということもあるでしょうし、既にそのような取り組みを行っている企業や団体に参加することもあるでしょうし、更に調査を続けるということもあるでしょう。

このように、まず思いを持つ、実態を調べる、そして行動に移すというサイクルを繰り返すことが、リーダーの行動パターンであるといえます。シンプルではありますが、実践できる人はなかなか多くはありません。問題意識を持つことはあっても、実態を調べようと動く人はほとんどいませんし、自分にできることを実行しようとする人は更に少なくなります。自らは動かず、外から批判だけしているという人が多いものです。

思いがなければダメ、しかし思いだけでもダメ

冒頭でお話しした学生との座談会で、思いを持つ多くの学生から話を聞きました。彼らの多くに共通していたのが、「思いばかりが先行していて、実態を知ろうとしていない」ということでした。
「自分は○○に問題意識を感じている。だから解決したい」という思いを語ってくれる学生はいたのですが、「本当にそれで困っている人はいるの?どれくらいの人が困っているの?どんなことに困っているの?」と聞くと、口をつぐんでしまいます。実態を調べていないので、彼らの提示する解決策も漠然としたものになっていました。次に自分のとるべきアクションも見いだせていませんでした。この状態は批評家であり、リーダーとはいえません。(参考:リーダーシップのスタイルとその副作用の記事もご覧下さい)

※SOOLでは、未来を志す求職者様向けに役員、取締役、部長を求める企業からの求人情報をご提供(キャリア相談無料)を行っております。

問題意識を持つことはリーダーへの第一歩。しかし「思いを持つ」というところで足踏みせず、ぜひ「事実を知ること」「自分なりの行動を起こしてみること」に一歩踏み出してみてください。一歩踏み出した先には、また違った景色が見えてくるはずです。

思いの種をまき、行動を刈り取り
行動の種をまいて、習慣を刈り取る
習慣の種をまき、人格を刈り取り
人格の種をまいて、人生を刈り取る
(サミュエル・スマイルズ)

yuma
yuma
SOOLファウンダー。異彩人材を次々に惹き付ける独特の声、才能を引き出す不思議な眼力を持ち、人間をこよなく愛する3児のパパ。子供達があこがれを抱くかっこいい大人で溢れる世界を作ることを目指して旅を続ける。同じ志とパワーを持つ伝道師の発掘と育成に命を注ぐ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る